スポンサード リンク

2007年08月19日

いびきの治療とその原因

いびきは喉が狭くなることにより空気が通る際の振動で発生します。
いびき治療は狭くしている原因を取り除くことになります。
その原因の一つは扁桃、軟口蓋、口蓋垂が大きく、咽頭腔が狭いためにいびきがおこる場合があります。

いびきによる弊害は無呼吸症候群が代表的です。
これは睡眠中に喉の空気の通り道がフタをされて、呼吸が止まってしまうことです。
これにより、睡眠不足となり、仕事に集中できなくなったり、居眠り運転を起こしたりと、様々な弊害が発生するおそれがあります。
いびき治療する人はこのような健康上の理由が多いようです。

いびき治療「手術」
喉の震動源を無くし、のどを拡げる治療をすることでいびきを改善する方法です。
手術により、いびきを引きおこす部分を切り取ります。といってもレーザー治療だと出血もなく、手術時間も少なくてすみます。
さらにいびきの手術は保険が適用されるため、費用的にも恐れることは少ないでしょう。

ちなみにいびきの手術の治療の例を挙げると、患者負担3割で、2〜3万円といったところのようです。いびきの原因によっても違ってきますので、詳しくはいびき治療でかかる病院に確認してください。

いびき治療「日常生活」

いびきは喉の気孔が狭まっておこりますが、この原因に肥満というものがあります。太ることでいびきが発生するというものです。
この場合のいびき治療は日常生活の改善に他なりません、暴飲暴食、運動不足により体重が増えたのであれば、ダイエットすることがいびき治療になります。 また酒の飲み過ぎもいびきの原因になっています。
筋肉がゆるむことで気孔が狭まるためです。この場合もお酒を適度におさえることがいびき治療になります。
これら暴飲暴食系ののいびき治療とはいわゆる規則正しい日常生活を送ることに他なりません。

いびき治療いびき対策グッズ」

いびきは寝る角度を変えると収まったり、ちょっとしたグッズを使うと収まったりする場合があります。その場合のいびき治療は、いや、治療といわないかもしれませんが、いびき対策グッズを使うことです。
一つは鼻でいびきをする人のために、鼻腔を広げる事ができるグッズがあります。1コで数千円するようですが、繰り返し使えるものなので高い買い物ではないでしょう。
また、いびきは眠りが深くなると喉が狭まるためにおこることから、振動を与えることでいびきを止めるというグッズもあります。これはいびきを感知して振動するのですが、手にはめるタイプのものです。
また、マウスピースタイプのいびき防止グッズもあります。
海外では日本よりもいびき治療に関心が高いのか、海外製のいびき防止グッズがかなり出回っています。
参考RSS情報
ラベル:原因 治療 いびき
posted by いびき治療について at 13:11| いびき治療について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。